トップページ  » 読書ブログ  » ツイッターとフェイスブックそしてホリエモンの時代は終わった、と無罪請負人を読んだ。

2014.06.24 TUE - 読書ブログ

ツイッターとフェイスブックそしてホリエモンの時代は終わった、と無罪請負人を読んだ。

ツイッターとフェイスブックそしてホリエモンの時代は終わった、と無罪請負人を読んだ。一方はなんとかなう、のなう、と言う言葉を流行語にした21歳の起業家。もう片方は弁護士キャリア40年以上の弁護士。弁護士さんが書いた無罪請負人は圧倒的に強い官僚権力に振り回される国民達の裏側を書いている。ツイッターもいつか終わるし、フェイスブックもいつか終わる。それどころか地球も太陽もいつか終わる時が来る。官僚達の権力も終わる時が来るだろう。永遠のものはなく、常に諸行無常と言うことを前提に、移り変わる時代を感じながら読書して思索するのはとても楽しいなう!(^∇^)

TwitterとFacebookそしてホリエモンの時代は終わった 感想


無罪請負人刑事弁護とは何か? 弘中弁護士著 感想


10405276_337325046421152_1225488386645849751_n

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング