トップページ  » 動画ブログ  » 1万円札を破れるか?苫米地英人著を読んでビリビリ破ろう!万札!

2014.06.13 FRI - 動画ブログ

1万円札を破れるか?苫米地英人著を読んでビリビリ破ろう!万札!

1万円札を破れるか?苫米地英人著を読んでビリビリ破ろう!万札!というわけで、破りました。1万円札を破った時のエピソードなどについて語っています。

後、こういう事を書くと『お金を破るのは犯罪だ!!』と勘違いしてる人が連絡してくれるのですが犯罪なのは硬貨を破壊した場合です。要するにマンガとかで空手家が10円玉をねじ曲げたりしてますがあれが犯罪なのです。10円玉が犯罪で1万円札は破っても犯罪になりません。

でも、わざわざそんなことを連絡してくるという事は『お金を破るなんて!!!』という人が多いという事ですね。この本の中で『1万円札を破る事に心理的抵抗が少なくなればなるほど経済的自由に近づく』という主旨の事が書かれています。みなさんがどんどん経済的自由になり、そして読書で知的にも自由になって欲しいですね^^

君は1万円札を敗れるか? 苫米地英人著 1万円札の破り方


君は1万円札を敗れるか? 苫米地英人著 破ったエピソードについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング