トップページ  » 動画ブログ  » 空海さんと苫米地英人さん 常識の逆を行き哲学を実践した人々

2014.06.08 SUN - 動画ブログ

空海さんと苫米地英人さん 常識の逆を行き哲学を実践した人々

空海さんと苫米地英人さんについて語りました。空海は当時の最高学府の大学に通いながらそこを中退し、親戚や親一同から反対されたけど仏教に傾倒していきます。日本は儒教社会ですから、儒教の教えではなく仏教に傾倒すると言うことは、大企業や官公庁への就職を蹴ってベンチャーに就職するようなモノ。そりゃ、反対されて当然なわけです。東大法学部に入り、エリート官僚か大企業幹部になるのが約束されてるのにそれを蹴るわけですよ。それでも空海は自分のやりたいことを押し通し、数々の偉業を成し遂げます。

苫米地英人さんが空海はすごい!を出版して、それを読んで空海に興味を持ったので空海の著作も出版されてる分は全て取り寄せて読みました。三教指帰なんて空海の若い頃のほとばしるエネルギーを感じるわけです。まさに時代は違えどWant toで現状を超えたんだなと実感します。そんな事を動画で語りました。

三教指帰 空海のWant to!常識への反発


空海はすごい!苫米地英人から広がる読書

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング