トップページ  » 読書ブログ  » イヤな気持ちを消す技術 苫米地英人さん ちゃんとやればイヤな気持ちは消える

2018.06.01 FRI - 読書ブログ

イヤな気持ちを消す技術 苫米地英人さん ちゃんとやればイヤな気持ちは消える

1
スパルタン苫米地英人さんに読書の中で叱咤激励してもらう。気分が落ち込んだらイヤな気持ちを消す技術の下記の部分が自分をしばき倒してくる(笑)あなたはあなたのままでいいのよ〜、ありのままの私〜〜〜とか言ってる場合じゃない苫米地さんの文章。イヤな気持ちで落ち込んでる人が読んだらショックで気絶しそうな内容(笑)

下記は同書からの引用。

辛い記憶や悲しい記憶に囚われつづけているとしたら、それこそ自分に甘えているとしかいいようがありません。「これだけひどいことが自分の身に起こったのだからそれも仕方ない」という具合に、何も努力をしない自分を許し、現状に甘んじているのです。過去の辛い体験や悲しい体験の記憶に囚われている状態に、好き好んで、自分の身を任せているということでしょう。

いかに過酷な体験をしようとも、それは人生に成功できないことの免罪符にはなりえません。過酷な体験に囚われて潰れていくだけの人は、ただの「つまらない人間」であり、誰も見向きもしないでしょう。本来の人間は、自らの力で立ち直ろうとし、じっさいにめきめきと立ち上がっていく存在なのです。

引用終わり

すっっっっっげえ厳しい文章ですね。でも本当にそうです。苫米地さんのこの文章の前には具体的なイヤな気持ちの消し方が書かれており、それを読んで実践してくれと、ちゃんと読んで実践してくれたら効果があるんだと、ちゃんと実践してくれよ!という著者の叫びが聞こえてきそうです。その方法書きになる人はこの本買って読んでください。

ものすごく厳しい下記の文章

いかに過酷な体験をしようとも、それは人生に成功できないことの免罪符にはなりえません。過酷な体験に囚われて潰れていくだけの人は、ただの「つまらない人間」

というのは逆に言い換えるとどれだけ辛くてもちゃんとやれば成功は出来るんだ、チャンスはあるんだ、という事なのでしょう。

実際私も勇気や覚悟が必要なタイミングで不安だからと言って何もしない人はどんどん不安だから・・・というのが癖になって動けなくなってしまいますよ、と言います。それは本当に勿体ない事ですから、不安を感じても少しでもいいから動く、ちょっとでもいいから自分を褒める、という新しい癖を手に入れていって欲しいですね。

イヤな気持ちを消す技術にも書かれているのですが、思考の癖というのは自分で治せるのです。不安で動けないとか、鬱で落ち込んでいるという人も、ちゃんと自分を変えようと決意していけば明るい方向を見れるようになります。そういう意味ではこの本は本当にオススメでしょう。

しかし、きっつい文章やな〜素晴らしいと思う。ただ、著者からすれば本当のことを言ってるだけでキツいと感じる方がおかしい、という事なんでしょう。改めて読み直しましたがいい本です。

「イヤな気持ち」を消す技術
苫米地 英人
固定リンク: http://amzn.asia/d7y5ERj

下記は清水も登壇するイベント告知

6/3 9時30分〜
読書の実践〜不完全性定理と不規則遷移現象の中で人間はどのように知識を得て情報処理を行うのか?〜in東京大学
https://www.facebook.com/events/215125532422627/

6/3 14時〜東京大学安田講堂 ファッションポジウム
https://www.facebook.com/events/890428367803263/

追伸

最近Facebook友達申請が多いのですがスパムと分けるためにも、基本的に友達申請は私の記事にいいね!してくれた人に私から申請するようにしています。

YouTube https://www.youtube.com/c/yukoreadman/
Twitter https://twitter.com/monthlymansatsu
LINE https://line.me/R/ti/p/%40uzz0811w

私に質問がある人は氏名、年齢、住所(何県のみでOK)、職業、質問内容を具体的に書いてFacebookMessenger、一月万冊公式LINE@、thanks@raku-job.jp宛てにメッセージください。質問が具体的な人でルールに則っている人の質問を取り上げます。

いつも清水さんありがとう!と応援したい人は

フクシマプロジェクト応援よろしく!
三菱UFJ銀行 永福町支店
普通口座 4569556
シミズユウコウ

にカンパしてください。1万円以下でも大喜び!!!清水さんの一月万冊運営費用に使わせて頂きます。運営費用と言っても読書代に消えます(笑)それが主な運営費用で年間1,000万以上かかります。それと!カンパしてくれた人は是非私にメッセージかメールをください!お礼をちゃんと伝えたいです!読書家が成功する世の中にしたい!というわけで今日も読書!

今日も読書!

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学で講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。コーチングと読書を通じて色々な可能性をみんなに伝えていきたくてこのチャンネルを運営中。月1,500冊以上の読書をして、それとは別腹で漫画も毎月数百冊読む。趣味はパイプ、葉巻、ドライブ、喫茶店&本屋巡り。

清水有高プロフィール詳細

清水有高プロフィール






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング