トップページ  » 読書ブログ  » 自発的対米従属 知られざる「ワシントン拡声器」 猿田佐世さんの本が面白かった。

2018.05.02 WED - 読書ブログ

自発的対米従属 知られざる「ワシントン拡声器」 猿田佐世さんの本が面白かった。

1
日本に聞こえてくるアメリカのニュース、意見の多くがアメリカの一部の偏った意見が中心であるという事と、その偏った意見がどのように醸成されていくのか、という事について書かれている本。とても面白い。

例えばTPP。あれは日米のエスタブリッシュメントが望んだ物だったけども実は日本だけではなくアメリカの国民も望んでいなかった。実際猿田さんの本以外にも『TPP反対 アメリカ議員』『TPP反対 アメリカ国内』で検索してみると色々な情報が出てくる。ちょっと調べたり本を読んだりするとアメリカ国内でもTPPはかなり反対されていたという事がわかる。

他にも沖縄の米軍基地の問題についてアメリカ側のキーパーソンが沖縄の人口を2,000人だと思っていたり、想像する以上に日本とアメリカの情報ギャップは激しい。

日本のメディアばかり見ているとそんな事実はまるで無いかのように、アメリカが一枚岩のように日本のことをある程度理解して賛成したり、反対する意見を持っているような錯覚に陥る。原発問題、安全保障、貿易などに対してアメリカという国が一つの意見をまとまって持っている様に錯覚してしまう。

アメリカの人口は約3.2億人で人種も様々なのにそれが一枚岩のようになるわけがない。誰かが一部の声を大きく偏らせて、その意見がまるでアメリカの声のように日本に届けているのだ。猿田さんはそれをワシントン拡声器と名付けている。

日本ですら約1.2億人にて一枚岩などではない。100枚岩どころか1万枚岩でもたらないだろう。意見は割れまくっている。もっと人口が多いアメリカが日本にたった一つの意見しか持たないという事などあり得ないのだ。

偏った意見をアメリカの声と勘違いして、日本は反米とか、対米従属とか、右翼とか左翼とか未だに時代遅れな事をやっている。そんなものは冷戦時代のフィクションで21世紀の今には時代遅れに過ぎない。これからの日本が国際社会でどう生きていくか、と言う意味ではロビー活動の現場で活躍されてる猿田さんの本は参考になるし面白かった。

日本にいると知らない間に偏った意見をもってアメリカに接してしまうのでこういう本は新しい視点が持てるのでおすすめ。とりあえず猿田さんの著書は全部買った。

下記の本はとてもおすすめ。

自発的対米従属 知られざる「ワシントン拡声器」 (角川新書) 猿田 佐世
http://amzn.asia/59kL47c

新しい日米外交を切り拓く 沖縄・安保・原発・TPP、多様な声をワシントンへ 猿田 佐世
http://amzn.asia/5Pes53u

アメリカは日本の原子力政策をどうみているか (岩波ブックレット)
http://amzn.asia/h4kiKhq

著者について Amazonよりより引用
猿田 佐世:新外交イニシアティブ(ND)事務局長、弁護士。1977 年、愛知県出身。早稲田大学法学部卒業。2002年、日本で弁護士登録後、国際人権団体で活動。08年に法学修士号取得。09 年、アメリカ・ニューヨーク州で弁護士登録。12年、国際政治・国際紛争解決学修士号を取得。13年にシンクタンク「新外交イニシアティブ」を設立。ワシントン在住時から現在にいたるまで、外交・政治分野において米議会などでロビイング活動を行うほか、日本の国会議員らの訪米行動をサポートする。

自発的対米従属 内容紹介 Amazonより引用

長らくアメリカでロビー活動に従事する日本人が緊急提言

これまでの日米外交は、アメリカの少人数の「知日派」と日本の政治家やマスコミが互いに利用しあい政策を実現するという「みせかけの対米従属」によって動いてきた。トランプ大統領が出現し、いま日本は何をなすべきか。ワシントンでロビー活動に長年携わった著者による緊急提言。

第一章 外交は劇である
「歴史的和解」を演じる歴史修正主義者たち
「劇」の通りに現実が動いていく
日米間の情報ギャップ
シンポジウムや講演も「外交劇」
見抜かれていた「日本政府のプロパガンダ」

第二章 自発的対米従属
「ワシントン発」の報道の作られ方
政策に跳ね返る「知日派の声」
「ワシントン拡声器」の効用
TPP推進は「日米財界の声」
「アメリカの声」により原発ゼロ閣議決定見送り?
なぜアメリカは日本に原発維持を求めるのか
自ら選んだ「従属」に気付かない恐ろしさ

第三章 トランプ・ショックと知日派の動向
「トランプの政策は『破滅のレシピ』だ」
日米関係維持に懸命な知日派
反トランプの知日派が政権に入る可能性
トランプ・ショック後の「逆拡声器」現象
日本の声を使った「トランプ困るコール」

第四章 今後の日米関係の展望
日本の軍事力増強と自衛隊の任務増加の可能性
軍備拡張の好機を得た安倍政権
原発問題のゆくえ
熾烈になる貿易交渉
キーマンとなる知日派は誰か

第五章 外交・安全保障における市民の声の具体化のために
「逆拡声器」の驚き
既得権益層同士が利用しあう外圧
マルチトラック外交の重要性
安保・外交分野にも躊躇せず支援がなされる社会に

第六章 今、日本の私たちがなすべきこと
リベラル陣営からの提案を
「どうしたいか」を考える
沖縄基地問題への具体的提案
新しい日米関係を切り拓くために

追伸

最近Facebook友達申請が多いのですがスパムと分けるためにも、基本的に友達申請は私の記事にいいね!してくれた人に私から申請するようにしています。

YouTube https://www.youtube.com/c/yukoreadman/
Twitter https://twitter.com/monthlymansatsu
LINE https://line.me/R/ti/p/%40uzz0811w

私に質問がある人は氏名、年齢、住所(何県のみでOK)、職業、質問内容を具体的に書いてFacebookMessenger、一月万冊公式LINE@、thanks@raku-job.jp宛てにメッセージください。質問が具体的な人でルールに則っている人の質問を取り上げます。

いつも清水さんありがとう!と応援したい人は

三菱東京UFJ銀行
永福町支店
普通口座 4569556
シミズユウコウ

にカンパしてください。1万円以下でも大喜び!!!清水さんの一月万冊運営費用に使わせて頂きます。運営費用と言っても読書代に消えます(笑)それが主な運営費用で年間1,000万以上かかります。それと!カンパしてくれた人は是非私にメッセージかメールをください!お礼をちゃんと伝えたいです!読書家が成功する世の中にしたい!というわけで今日も読書!

今日も読書!

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学で講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。コーチングと読書を通じて色々な可能性をみんなに伝えていきたくてこのチャンネルを運営中。月1,500冊以上の読書をして、それとは別腹で漫画も毎月数百冊読む。趣味はパイプ、葉巻、ドライブ、喫茶店&本屋巡り。

清水有高プロフィール詳細

清水有高プロフィール



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング