トップページ  » 動画ブログ  » 年収一億円になる悪口の言われ方 苫米地英人さん&片田珠美さん 感想

2014.05.19 MON 動画ブログ

年収一億円になる悪口の言われ方 苫米地英人さん&片田珠美さん 感想

IMG_2767

年収一億円になる悪口の言われ方ってあるよな〜と思った。今日も何十冊か読書してたのだけど、苫米地英人さん&片田珠美さんの本を読んだんだけど、そんなことをふと思う。苫米地さんは有名な人だけど、片田さんというのはAmazonによると

広島県生まれ。精神科医。京都大学非常勤講師。大阪大学医学部卒業。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。人間・環境学博士(京都大学)。フランス政府給費留学生としてパリ第8大学精神分析学部でラカン派の精神分析を学ぶ。DEA(専門研究課程修了証書)取得。パリ第8大学博士課程中退。精神科医として臨床に携わり、臨床経験にもとづいて、犯罪心理や心の病の構造を分析。社会問題にも目を向け、社会の根底に潜む構造的な問題を精神分析的視点から分析。

と言う方らしい。阪大出て京大大学院、そしてパリへとはかなりいい経歴だよね。だからこそ、この人も悪口沢山言われるんだろうなあ。苫米地さんも片田さんも書かれてるけど『他人の幸せが我慢できない人が悪口を言う』。自分が幸せになる労力をかけて自分で自分を幸せにするよりも、幸せな他人を引きずり下ろしてスッキリするほうが楽な人達が世の中には沢山いますよ、と言うことだ。片田さんはそういう人達に対して著者の中でも色々な対処法を書かれいてる。

IMG_2770

私のブログに来る人は沢山読書してたり、沢山勉強してたりする人が多いけど、そういう人は他の人よりも向上心が強いし、実際に成功してたりする。と言うことは、平均よりも学歴が高く、所得も高い人が多い可能性がある。実際に読書をしている人はしない人より年収が高くなる傾向がある、と言う統計もある。

IMG_2772

つまり、平均的な人達よりも幸せに見える人達が多い、のだ。と言うことは『他人の幸せが我慢できない人』の格好のターゲットになりやすい。実際にそういう相談の私の所に結構来る。でも、ちょっと考えて欲しい。他人から悪口言われたり、嫉まれたりすると言うことは『嫉まれるほど成功している』と言うことでもあるし、成功している証拠でもある。私なんかネットで悪口一杯言われてるけど、そういうのは私が成功している証拠でもあるし、成功し続けている証拠でもある。

IMG_2769

読書し、成長し、社会的に成功し、年収1億円とか、年収をアップさせたい人は沢山いるだろうけど、間違いなく幸せになればなるほど『悪口を沢山言われる』ことになる。そこで

ネットに沢山悪口を言われたり、不特定多数に悪口言われるのは自分が何か悪いのではないか・・・?

と謙虚になる必要は全くない!むしろ

おお、俺も嫉まれるくらい成功してきたのだ!

と思う方が正しい。読書をたくさんして、頭を使う人は必ず成功していく。そうなった時に読書をしない人達から必ず悪口を言われるだろう。しかも、それはあなたたちのことを大して知らない人達からの攻撃である場合が多い。そういう場合の心構えを今から準備しておいた方が良い。成功するための悪口予防接種のようなもんだ^^

コメント

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一ヶ月1,500〜3,000冊の読書をする読書家。昭和53年12月23日 滋賀県出身。滋賀県立大学人間文化学部卒業。2001年 人材紹介会社の創業メンバーの一人として営業担当取締役として活動。2005年 プロダクションアイジー(アニメ制作会社)に転職。経営企画室に配属。その後、2005年12月にビ・ハイア株式会社を設立。

詳しいプロフィールをみる

ソーシャルメディア

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+