トップページ  » 動画ブログ  » 20代〜30代の自殺率はうなぎ登り! 苫米地英人著 脳の呪縛を解く 感想

2014.05.19 MON 動画ブログ

20代〜30代の自殺率はうなぎ登り! 苫米地英人著 脳の呪縛を解く 感想

IMG_2707

自殺率

自由に生きたい!自分らしく行きたい!不等な束縛なんて欲しくない!これは殆どの人が望むことだろう。これを望んだ時、当然だけども自分を縛っているもの、束縛してるもの、ましてこの本のタイトルにあるように呪縛してる物なんてまっぴらごめんで、引きちぎりたいと思う。

しかし、そんな風にすぐ感じる事が出来る束縛や呪縛はまだいい。本当に恐ろしいのは『束縛されることにすら気がつかない透明な呪縛』だ。例えば、タイトルにも紹介したように平成10年を100とすると、20〜30代の自殺率は一貫して増加している。

細かいデータはこちら 内閣府のデータだ
http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/whitepaper/w-2012/pdf/index.html

これを知っている20〜30代はどれくらいいるのだろうか?今の日本は中年、老人よりも若者こそがガンガン自殺する国なのだ。若者がこの事態について自覚しているだろうか?おそらく殆ど自覚してない。こんな風に若者の方がガンガン自殺するなんて異常だ。異常な社会にいる。しかし、当事者である20〜30代自身が自覚してなければ対策の講じようもない。抵抗することもなく、ゲームで言えば『毒』の状態でジワジワと体力を奪われ、精神を病み、自殺してしまう。今の日本に生きる20〜30代は『異常な社会に生きている』『自殺に追い込まれやすい社会に生きている』と自覚して社会を生き抜く必要がある。

しかし、こんな情報も読書をして意識的に仕入れないと気がつかない。気がつかないと束縛され、呪縛されてる対象が何なのかも分からず、ただ生きづらい、息苦しい、不安だ・・・とおののくことになる。それってあまりにも勿体ない。本当に恐ろしいのは見えない呪縛だが、それらを仕掛けてくるのは同じ人間だから、しっかり知識を仕入れたら見えてくる。見えてくれば防御したり、攻撃したり、対処したり出来る。そのためにも大量の読書!本当に必要だなあと改めて実感。

我々が何に呪縛されているのか。呪縛なんて大げさな・・・俺は充分自由だぜ、と言うような人こそこういう本はオススメかもしれない^^

コメント

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一ヶ月1,500〜3,000冊の読書をする読書家。昭和53年12月23日 滋賀県出身。滋賀県立大学人間文化学部卒業。2001年 人材紹介会社の創業メンバーの一人として営業担当取締役として活動。2005年 プロダクションアイジー(アニメ制作会社)に転職。経営企画室に配属。その後、2005年12月にビ・ハイア株式会社を設立。

詳しいプロフィールをみる

ソーシャルメディア

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+