トップページ  » 読書ブログ  » 烏賀陽弘道さんのJ-POPは死んだ(扶桑社)の本はタイトルで損してる。これは音楽関係者だけの本ではない。優秀なビジネス書でもある。

2018.02.09 FRI - 読書ブログ

烏賀陽弘道さんのJ-POPは死んだ(扶桑社)の本はタイトルで損してる。これは音楽関係者だけの本ではない。優秀なビジネス書でもある。

DSC01599
烏賀陽さんのJ-POPは死んだ(扶桑社)はとにかくタイトルで損をしてる本だ。清水さんは色んな本を読んで実践してる。実はこの本に書かれている内容を参考にして清水さんは一月万冊の運営をしている。つまり、このJ-POPは死んだは下手なビジネス書よりもかなり利益に直結する話、視点が書かれている。

DSC03302
J-POPは死んだでは音楽関係者しか読まない・・・現にフェイクニュースの見分け方は重版されたけどこちらはまだだ。フェイクニュースの見分け方は全ての日本人が対象になるけど、J-POPは死んだは音楽関係者しか興味を持たない。これで内容もJ-POPは死んだが音楽関係者にしか利益の無い話ならいいのだけど、そうじゃないから勿体なさ過ぎる。

DSC03306
確かにこの本を読んで利益に直結させるにはちょっと頭を使って読む必要がある。読書とはそういう頭を使って読むことに意義がある。何の頭も使わずにこうすれば儲かります、何て本は意味が無いか詐欺だ。この本は著者が豊富な一次情報を自ら仕入れて、その上で俯瞰してデータも豊富に書いてる。しかもソニーコネクトカンパニーコ・プレジデントでもあり、その後のGoogle日本元社長のインタビューまで載ってる。

この本が伝えたい事は

インターネットがビジネス、人々の生活をどう変えたか

という事だ。しかもこういう内容について机上の空論は死ぬほど書かれている。著者自身が音楽を30年以上続け、その人が取材を重ね、本を書いている。そしてその著者がインターネットがビジネス、人々の生活をどう変えたかという点を音楽というキーワードで事例として出してくれている。つまり、音楽の本ではなく、音楽を事例に出したインターネットがビジネス、人々の生活をどう変えたかという本なのだ。しかもGoogle日本元社長のインタビュー付き。

DSC03303
これどう考えても音楽関係者だけ、の本ではない。勿体ないなあ・・・私なら烏賀陽さんに予算出すから

インターネットがビジネス、人々の生活をどう変えたか

のJ-POPは死んだではなく『出版は死んだ』という本を書いてもらいたい(笑)

「Jポップ」は死んだ (扶桑社新書)
鳥賀陽 弘道
固定リンク: http://amzn.asia/0BNglyH

DSC03309
追伸

最近Facebook友達申請が多いのですがスパムと分けるためにも、基本的に友達申請は私の記事にいいね!してくれた人に私から申請するようにしています。

YouTube https://www.youtube.com/c/yukoreadman/
Twitter https://twitter.com/monthlymansatsu
LINE https://line.me/R/ti/p/%40uzz0811w

私に質問がある人は氏名、年齢、住所(何県のみでOK)、職業、質問内容を具体的に書いてFacebookMessenger、一月万冊公式LINE@、thanks@raku-job.jp宛てにメッセージください。質問が具体的な人でルールに則っている人の質問を取り上げます。そうじゃないと、匿名でざっくりした質問が多すぎて答えようがない(笑)

いつも清水さんありがとう!と応援したい人は

三菱東京UFJ銀行
永福町支店
普通口座 4569556
シミズユウコウ

にカンパしてください。1万円以下でも大喜び!!!清水さんの一月万冊運営費用に使わせて頂きます。運営費用と言っても読書代に消えます(笑)それが主な運営費用で年間1,000万以上かかります。それと!カンパしてくれた人は是非私にメッセージかメールをください!お礼をちゃんと伝えたいです!読書家が成功する世の中にしたい!というわけで今日も読書!

今日も読書!

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学で講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。コーチングと読書を通じて色々な可能性をみんなに伝えていきたくてこのチャンネルを運営中。月1,500冊以上の読書をして、それとは別腹で漫画も毎月数百冊読む。趣味はパイプ、葉巻、ドライブ、喫茶店&本屋巡り。

清水有高プロフィール詳細

清水有高プロフィール


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング